好かれる人の5つの特徴を知って、円滑な人間関係を作ろう

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ELLY_yumeututu_TP_V
人が抱える悩みの多くは人間関係が上手くいかないことに起因しています。
あなたも思い返してみると、悩みの種は他人との思いの行き違いだったり、他人から何かをされたりなどをきっかけに様々なことに思い悩んでいないでしょうか。
 

 
いつの時代であっても、この人間関係を円滑に進めることが出来る人が世渡り上手とされています。
 
つまりは人に好かれる人間であれば、仕事であろうと恋愛であろうと上手く進めていけるはずです。
 
とは言え、簡単に『人に好かれる』ことが出来るなら誰も苦労しません。
 
しかし、好かれるような人になる努力は誰にでも出来ます。
人から好かれるような人間になり、多くの人から大切にされる人を目指したいものです。
 

スポンサードリンク

 

人をそのまま受け入れる余裕がある

 
人に自分の意見を言って拒絶される。あなたにも経験があるのではないでしょうか。
 
人は人から拒絶されたくはないものです。
日本人の特徴としても集団の中にきちんと溶け込めることに幸福を感じ、疎外されることに嫌悪感を覚えます。
 
そのため、自分のことを受け入れてくれる人からは安心感を得られます。
 
言い換えれば、あなたがそんな受け入れる側の人間になることが出来れば人に安心感を与えられるということです。
 
では、具体的に人をそのまま受け入れるためにはどうすればいいのか。
 
その最も簡単な方法として挙げるとすれば、それは『長所にのみ目を向ける』こと。
 
仮にあら探しばかりする上司とあなたの良いところを認めてそこを褒めれくれる上司がいたとしましょう。
どちらの人物についていきたいと思うかは聞くまでもないはずです。
 
すぐに完璧に出来ることではないかもしれませんが、人を否定せず、良いところに目を向けることを心掛けると今まで見えてこなかったその人の良さがわかるかもしれません。
 
 

細かなことでいちいち動じない

人は往々にして大らかな人に安心感を覚えます。
 
何か問題が起こってもドンと構えて、多少の問題なら笑って「大したことない」と言ってのける。
なかなか出来ることではありませんが、そんな人間がそばにいるだけで強く背中を押してもらえるはずです。
 
精神的な強さを持っていなければ、そこまで大らかに穏やかにいられないでしょう。
 
しかし、人を惹きつけることができ、人を引っ張っていけるのはそんな性質を持っている人物です。
 
そしてこれはカリスマ性などの持って生まれた性質ではなく、今からでも自分を変えることで手に入れることが出来るものでもあります。
 
普段から心を落ち着かせて、少々のことでは動じない精神を身につけるためにも『瞑想』をしてみるのはいかがでしょうか。
 
 

よく笑う

人間の持つ感情表現の中で最も人に安心感を与えることが出来るものが『笑顔』です。
 
あなたが仲良くなりたいと思っている人、今まで仲良くなってきた人のことを思い出してみてください。
 
一緒にいて笑顔になれる人ではないでしょうか。
もしくはよく笑う人だったのではないでしょうか。
 
笑顔というのは、自分自身をリラックスさせるだけでなく、人をも安心させることが出来るのです。
 
またガン宣告をされた人が普段からよく笑うことを心掛け、常に笑顔でいたことによってガンがきれいさっぱり無くなったというのも有名な話ですね。
 
このように笑顔には精神だけでなく身体的にも素晴らしい影響を及ぼします。
 
これを聞いてもまだ笑顔でいることに抵抗がありますか?
笑うのが苦手、笑い方がわからないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
そんなあなたはまず鏡の前で自分に笑いかけてみてください。
 
朝起きて顔を洗った後に鏡を見て笑顔、トイレに行って鏡を見たら笑顔、お風呂で鏡を見たら笑顔。
このように鏡を見ると笑顔を作ることで、自分自身に笑いかける。
 
そのうち自然な笑顔が出来るようになってくるはずです。
 
 

ユーモアがある

友達が多い人、初対面の人からでもなぜか好かれてしまう人に共通していることは『ユーモアがある』というものがあると思います。
 
ひとくちにユーモアがあると言っても、ユーモアってどんなの?とお思いになるでしょう。
 
面白いことを言う人?ギャグみたいな一発芸で場の空気を和ませる人?
考え方によってそれぞれありますが、本当の意味でのユーモアがあるというのは『その場その場の空気を読んで相手をリラックスさせることが出来る』ことを言うと考えています。
 
そのために最も大切なのは幅広い知識を持っていることです。
 
時と場合と相手によって的確にツボを突いた会話をする。知識をひけらかすのではなく、相手をリラックスさせて楽しませる。
これはもちろん簡単なことではありません。
 
しかし、お笑い芸人のように何か面白い話をするわけでも、ギャグをする必要もないことから考えても何かの才能を有していなければいけないというわけではないのです。
 
極論ですが、大切なことは1つだけです。
様々なことに興味を持つ』こと。
 
ユーモアがある人は、好き嫌いや選り好みせず、何事にも興味を持って多くの情報を得ようとする人が多い気がします。
 
だからこそ多くのことを知っており、どんな会話であってもすんなり素直に入っていけるのです。
 
あなたもまずは無理をしない程度に色々なことに興味を持ってみるのはいかがでしょう。
間違いなく世界観が広がっていくのを感じられるはずです。
 
 

他人の痛みがわかる

 
人をむやみに傷付ける人というのは、相手の気持ちになって物事を考えられないからそのようなことが出来るのです。
 
子供の頃にイジメや仲間はずれをしてきた人もきっとたくさんおられるでしょう。
 
いじめられたり仲間はずれにされてきた経験がある人というのは、される側がどれほど精神的に追い込まれ、辛い思いをするかを理解しているので自分発信で誰かをイジメようとはしないものです。
自分がいじめられないために仕方なくイジメに加担するという経験はあるかもしれませんが…。
 
要するに自分自身で経験したからこそ、その人の痛みがわかるということです。
 
そんな経験や苦労を一度もせずに育ってきた人はなかなか人の痛みには気付きにくいもの。
(もちろん元々人の痛みに敏感な人もいるので一概には言えませんが)
 
そして、人の痛みがわからない人には誰も寄ってきません。
 
何かを誰かに相談したいとき、どんな人に相談するかを考えてみてください。
 
自分の気持ちを理解してくれる人を選んで相談するはずです。
それはその人物があなたの立場になってあなたと同じような考え方してみたときの考え方や答えを提供してくれるからに他なりません。
 
そのような考え方が出来る人には自然と人が寄ってきます。
 
あなたは他人の気持ちになって、その人の置かれている立場に立っている気持ちになることが出来るでしょうか。
 
常にそのような考え方で物事を考えられるようになれば、多くの争いを避けることが出来るはずです。
 
しかし、あまりに深入りしてしまうのも禁物ですよ。
最終的にどうするか決めるのはその人なのです。親身になって寄り添って応援するというスタンスでいるようにしてください。
 
 

 
他人から好かれる人になる、他人から大事にされる人になるのは簡単ではないでしょう。
 
ただ全ての項目に置いて言えることは、人に『安心感を与える』という共通点があります。
 
やはり安心を得られる人の周りには勝手に人が寄ってくるのです。
 
さて、あなたは人に安心を与えられていますか?
一度自分を見つめ直してみるのもいいかもしれませんね。
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでシェアして頂けると喜びます(*^^)v

コメントを残す

*