ストレスって何?ストレスを消し去るために必要なこと

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ELLY14052759_TP_V
「ストレス」=「自分自身を苦しめるもの」
 
という概念は日本人なら大抵の人が持ち合わせている考え方だと思います。
 
日本はストレス大国と言われているように、事あるごとに自分自身に負担をかけてストレスを作り出してしまう人が本当に多い。
 

 
この記事を読んでいるということは、きっとあなたもその中の一人なのでしょう。
 
責任感が強い、我慢強いというのはとても素晴らしいことです。しかし、裏を返せば自分自身を痛めつけることが癖になってしまっていると言えなくもないはず。
 
それだけならまだしも、そのストレスをさらに我慢することでどんどん自分の中にため込んでしまい心身を悪くする。
最悪の場合、自殺という選択肢を選んでしまうのが最近の日本人の大きな特徴となっていることは周知の事実ですね。
 
この際、日本人的美学は一度忘れ去りましょう。
だって自分を痛めつけた先にあるものが必ずしも楽園とは言えないのですから。
 
 
 
 スポンサードリンク
 

ストレスとは

冒頭で「ストレス」=「自分自身を苦しめるもの」と述べましたが、本当にそうでしょうか。
 
もちろん結果として自分自身を苦しめてしまうことは誰しもが共通して認識していることです。
 
しかし、本来のストレスの性質はそういうものではありません。
 
ストレスとは『過去の出来事から連想されて発生する自衛のための感情』と考えられています。
 
例えば
 
仕事でミスをする ➡ 上司に怒られるかもしれないという不安・恐怖(過去の出来事) ➡ ストレス発生
 
この過去の出来事が感情を大きく動かものであればあるほど、抱えるストレスも大きくなります。
 
また発生する感情によってストレスの役割も変化します。
 
怒り  ➡ 自分に害をなす事象が起こったときに発生して、素早く反撃するため
 
恐怖  ➡ 過去の経験・知識から危険を判断し、それに近づかせないようにするため
 
不安  ➡ 過去の失敗に基づく予測から、現状の行動を慎重に行うようにするため
 
悲しみ ➡ 相手との関係若しくはその事象が自分の望みとは違うことを理解するため
 
などなど、これらから見てもわかるように、ストレスは自分自身を守るために発生するのです。
 
脳は同じ失敗を冒さないように強い感情を伴う経験をすると思い込みが形成され、その思い込みが心を形作っていきます。
 
そうして出来た心だからこそ、同じような状況になるとその時の感情を再びフラッシュバックさせ、それがストレスとなって表面化するというわけです。
 
 

ストレスを消し去るために

 
ストレスを消し去るためにはどうすればいいのか?
 
そのために必要なのは『現状の自分の感情・思いを認めること
 
つまり、今感じているストレスを受け入れ、その感情を心の中で爆発させるということです。
 
例を用いるとわかりやすいでしょう。
 
先ほど挙げたものでいうと、仕事でミスをしてしまい、上司に怒られるかもしれないという不安がある場合
 
「あぁ、どうしよう。心配だ!」と心の中で何度もその現在抱えている感情を繰り返すのです。
 
そうすることで、今の自分の感情を受け入れ認めることが出来ます。
 
こうして一度思いを認めると、ストレスはその役割を終え、自然と消滅するように出来ているようです。
 
また、言葉に出すことで更なる効果が得られることもわかっています。
 
とは言え、言葉にする場合は心の中で思っていることをそのまま発言するわけではありません。
 
「人を呪わば穴二つ」という言葉をあなたはご存知でしょうか?
 
これは読んで字のごとく、人を恨めば自分自身にも同様の呪いが降りかかるという意味の言葉ですが、ただの迷信とは言い切れないのです。
 
そう言うのも、マイナスな発言をしていればその言葉を一番初めに聞くのは自分ですよね。
脳はマイナスな言葉であろうとプラスな言葉であろうと、その感情を自分自身に向けたものなのか他者に向けたものなのかを判断できない性質を持っているからです。
 
だからこそ言葉に出してストレスを消すためには、プラスな言葉である必要があります。
 
「やったー!気持ちいい!」
 
もちろん、自分自身に向ける言葉なので自分が一番テンションを上げられる言葉で構いません。
 
「やったー!」 ➡ 嬉しい時に使う言葉であり、言い続けると実際に良いことがあったと脳が錯覚する
 
「気持ちいい!」 ➡ リラックスしているときに使う言葉なので、ストレスを消す効果がある
 
のようにあなたがテンションを上げられる言葉を自分自身に何度も聞かせてあげましょう。
 
今までお酒に頼ってきた、いっぱい食べることでストレスを発散していた、などの楽しいことをすることでストレスを忘れるように心掛けてきたという方も多いかと思います。
 
ストレスを忘れるという観点から言えば、間違いなくあなたが楽しめることをするのが最も良いと言えます。
 
しかし、このような楽しいことで発散するというのは『感情の上書き』でしかありません。
 
そのため、ストレスそのものを忘れることは出来ても、消すことは出来ないでしょう。
 
その場その場でストレスを消し去るためにも、心の中で感情を爆発させる、若しくはプラスな発言をすることを心掛けることが最良の対処法だと思います。
 
我慢を美徳とする日本だからこそ、自分で自分自身を労わる気持ちが大切かもしれませんね。
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでシェアして頂けると喜びます(*^^)v

コメントを残す

*