ポジティブで笑顔になるための心理学からみた5つのリスト

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
AXIS93_gardens_TP_V
多くの人は考えすぎてしまうことで、マイナス思考に陥ってしまいます。
 
「このままじゃだめだ!」と考えて、何度もポジティブになろうとチャレンジしてきた方もたくさんいらっしゃることでしょう。
 
ポジティブになれれば、毎日をもっと気楽に過ごせるのにと思い悩んできたかと思います。
 

 
ポジティブになる』『プラス思考になる』これらは大きく言えば、人生の目標であると言えるかもしれません。
 
しかし、全ての物事において考えすぎることが癖付いている人にとっては、簡単なことではないはず。
 
この記事はそのように考えすぎてネガティブになってしまう人に是非とも読んで頂きたい。
そして少しでもポジティブになり、生きやすい毎日を送って頂くことを望んでいます。
 
 
スポンサードリンク
 

思考をシンプルにする

 

考えすぎてネガティブになってしまう方の多くに当てはまることなのですが、物事を複雑に捉えている節が強くはないでしょうか。

 
ああでもない、こうでもないと頭の中で思考を繰り返し、無駄な考えで頭の中を一杯にしてしまう。
あなたもその経験に覚えがありませんか?
 
確かに事前に様々な事象を想定しておくことで、最悪の事態に直面した時の心へのダメージが軽減されることもあるかと思います。
 
ただ、今一度これまでのことを思い返して頂きたい。
 
「あー、よかった。いらない心配だった」と今まで何度無駄な心配を繰り返してきたでしょう。
 
きっと事前に最悪の事態を想定しておいたおかげで助かったという場面より、無駄に心配して損してしまったという場面の方が圧倒的に多いはずです。
 
例えば仕事でミスをしてしまったとします。
 
そこで考えるのは
 
やってしまった(ミスに対する後悔)➡ 上司や得意先に怒られる(将来起こるかもしれない事象に対する心配)➡ 上司に怒られることで引き起こされる未来の可能性
 
このように考えてしまい、さらにその3つ目も考えられ得る全ての可能性を頭の中で膨らませてしまう。
そして自分で自分自身を苦しめてしまっていることでしょう。
 
しかし、考えてみてください。
 
1つ目はもうすでに起こってしまったという結果なのに対して、2つ目3つ目に関しては起こるかもしれないというただの可能性でしかないのです。
 
思考をシンプルにするというのは、この1つ目の結果に対して反省するだけでいいのです。
 
だってそれ以降の思考に関しては、ただの無駄な想像でしかないのですから。
いくら考えたって、その想像通りの事柄が起きる保証はありません。
 
もう少し極論を言ってしまうなら、2つ目以降について思い悩むのは無駄でしかないということです!
 
隕石が降ってきたらどうしよう、明日突然の病気で倒れてしまったらどうしよう、居眠り運転の自動車が突っ込んで来たらどうしよう。
 
こんなこと考えてもどうしようもないことはあなたにもわかるはず。
 
もっとシンプルに考えていいのです。起こってしまった結果に対して反省し、次からは気を付けるように心掛けるだけでいいのです。
 
考えていても起こらないことは起こらない、反対に考えていなくても起こることは起こります。
 
全ての可能性に対して対処することまでを想定することなんて出来ないんですから、起こった物事に対してだけシンプルに考えるようにしましょう。
 
 

「なんとかなる」と思うか、「どうせ出来ない」と考えるか

ポジティブな人は「なんとかなる」と楽観的に考えます。ネガティブな人は「どうせ出来ない」と悲観的に考えます。
 
この記事を読んで頂いている方は「どうせ出来ない」と考えてしまう方が多いのではないでしょうか。
 
考え方というのは非常に重要な役割を持っています。
「出来ない」「無理」のようにやる前から考えてしまう人は、その考えのせいでパフォーマンスが落ちるそうです。
 
やる前からすでに諦めてしまっているのですから、当然と言えば当然です。
 
しかし、考え方ひとつで変えることが出来るのに、諦めの気持ちで物事を行うのはもったいないと思いませんか。
 
もちろん「なんとかなる」という考えで全ての仕事を引き受けて、自分で自分の首を絞めろと言っているのではありませんよ。
 
頑張れば出来ないことはないかなということに対して「なんとかなる」、様々な失敗に対して無駄に悩むことを止めて「なんとかなる」
こういった考え方を持つだけでポジティブになれるのなら、自分を騙すような気持ちで始めてみるのもいいかと思います。
 
個人的には「なんとかなる」よりも「なるようにしかならない」という考えで生きるようにしていますが、自分へのプレッシャーを少しでも緩和させることが出来る方法を模索してみてください。
 
 

とにかく行動を 

先ほどから何度となく述べていることですが、ネガティブな人ほど考えすぎてしまう傾向にあります。
 
石橋を叩いて歩く』という言葉があるように、きちんと事前に考えることも大切です。
 
ですが、この言葉は常に無謀な行動を繰り返してしまう人への戒めの言葉です。
石橋であろうと安心することなくきちんと確かめようという意味だと理解しています。
 
つまり、考えすぎることを推奨している言葉ではないということです。
 
考えすぎてしんどくなってしまうなら、一度考えることを放棄して行動してみませんか?
 
例えば街ですごくタイプの異性と出会ったとしましょう。
その人とはもう二度と出会えないかもしれません。
 
そんなとき、いきなり話しかけたら気持ち悪いって思われるだろうな、どうせ自分みたいなのが話しかけても相手にされないだろう、
そのような考えからその人との出会いを忘れる方向に変更します。
 
もう二度と会えないかもしれないならば、別に声をかけて玉砕してもいいのではないでしょうか。
 
悩んで悩んで悩んで諦めるくらいなら、悩まずに行動して後悔なく諦める方がいいのではないでしょうか。
 
悩むくらいなら行動してみましょう。
 
結果は変わらないかもしれません。でも行動をしたという事実はあなたの中に残ります。
 
もしかしたら行動したことで、良い方向に結果が傾くかもしれませんよ。
 
 

いつもスマイル

ネガティブな人と言われてあなたはどのような人物を想像しますか?
 
反対にポジティブな人はどのような人物を想像するでしょう?
 
勝手なイメージですが、ネガティブな人は猫背で暗い表情をしていて発言も後ろ向き。
 
ポジティブな人は胸を張ってて笑顔でなんとかなるさのような楽観的な言葉を口にしているイメージです。
 
ここで注目してほしいのが『表情』です。
 
明るい人は表情も明るくはないでしょうか。そして明るい人を見ているだけでこちらも明るくなってきますよね。
 
毎日ニコニコとしている方と触れ合っていると、それだけで元気をもらえる気分になるものです。
 
また笑う門には福来るという言葉があるように、笑顔でいることで幸せが向こうから寄ってくるというのもあながち間違いではありません。
 
そのため辛いこと、悲しいこと、落ち込むことがあったとしても無理やり笑顔を作っていれば勝手に幸せな気持ちが訪れます。
 
鏡を見ながら自然な笑顔の練習をしてみるというのも、1つの手かもしれないですね。
 
 

人を変えるよりも自分が変わる方が手っ取り早い 

他人の言動で傷ついたり、落ち込んだりすることも少なくないですよね。
 
いちいち傷付けるような言い方をする人も結構います。そんな人のせいで幸せな気持ちを逃すのは悔しくありませんか?
 
そんな時、あなたはきっとその人が悪い、若しくは自分に悪いところがあるからこんな目に合うんだと思ってしまうかもしれません。
 
極論ですが、断言しましょう。きっとどちらも悪くないのです。
 
あなたにはあなたなりの考え方があるように、その人にもその人なりの考え方があります。
色々な人がいるのと同様に、考え方も人それぞれあると心得てください。
 
ではそんな人と関わっていかなければならないとして、どうすればいいか。
 
それの一番手っ取り早い方法は『あなた自身が変わる』ことです。
 
もちろん関わらなくてもいい人なら避けてしまうのが良いことは言わずもがなですが、そうじゃない場合は自分自身を変えましょう。
 
人を変えるというのは、相当な労力が必要な上、ケンカになってしまえば関係も悪くなってしまいます。
 
しかし自分を変えるだけなら他人にかける労力の半分以下で済みます。ケンカもしなくてすむのですからどちらが楽かは一目瞭然ですね。
 
さらには自分を変えることがあなた自身の人間性をレベルアップしてくれることに繋がる可能性もあります。
 
ただし、自分自身を変えることがマイナスに繋がってしまうならば、その時は無理に自分自身を変えることは止めておきましょう。
必ずプラスになるように変えることを心掛けてください。
 
 

 
ネガティブに考えてしまうことはそれだけで人生損をしていると言っても過言ではありません。
 
マイナスにマイナスに考えてしまい、その結果行動になかなか移すことが出来ない。
これでは日々すごいスピードで物事が変わっていく現代の流れに置いていかれかねません。
 
ポジティブな考え方をすることで、毎日ニコニコする。そして何事においてもすぐに行動することを心掛ける。
 
そうするだけで、楽しい日々を送れるのならば、今すぐ自分の中に眠っているポジティブへの扉を開かなくてはもったいない。
 
一日十笑、笑顔で毎日を過ごせる人になってみませんか。
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでシェアして頂けると喜びます(*^^)v

コメントを残す

*